校舎に4時間“居座りサル” 周辺では2週間に数回の目撃情報が


FNNのカメラがとらえたサルの映像。
場所は、佐賀・基山町にある、東明館中学校高等学校の校庭。

8日午前11時ごろの様子。

素早い動きで校舎を駆けのぼるサル。
体長は、50cmほど。

そして午前8時半ごろには、サルは登校中の生徒の足にしがみついたという。

生徒や職員にけがはなかったが、サルは午後3時現在も、学校に居座っている。

8日だけではない。

この学校では6日朝、体長20cmほどの子ザルが姿を見せたほか、昼ごろには体長50cmほどのサルが体育倉庫の屋根にのぼっているところを目撃されている。

基山町役場によると、周辺では、ここ2週間ほどで数回、目撃情報が寄せられているという。

人や農作物への被害は確認されていないということだが、町は、学校にかかしを置くなどの対策をとることにしている。

(FNNプライムオンライン2月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース