ヒマラヤ沿いで“鉄砲水” なぜ? 死者・不明者多数 インド

国際


ごう音とともに流れる濁流。
橋のようなものが、無残にも崩れ押し流されていく。

川のすぐそばには家が。
今にも、のみ込まれそうな勢い。

7日、インド北部ヒマラヤ山脈沿いのウッタラカンド州で、大規模な洪水が発生。

土ぼこりを上げながら流れる大量の水が、川沿いにあった水力発電所の建設現場や山あいの村を襲った。

救出され、両手を突き上げて喜ぶ生存者。

海外メディアは、これまでに25人が救出されたと報道。

しかし、発電所の建設作業員ら11人が死亡したほか、いまだ145人以上が行方不明だという。

甚大な被害を出した大洪水。

その原因となったのは、ヒマラヤ山脈の氷河の崩壊。

崩れた氷が、ガンジス川の支流に落ちたことで引き起こされた。

氷河が崩れた理由はわかっていないが、ヒマラヤ山脈の氷河は、地球温暖化の影響で解け出すおそれが指摘されていた。

(FNNプライムオンライン2月8日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース