米大統領、東京大会に初めて言及 「科学に基づいて判断すべき」

国際


アメリカのバイデン大統領は、東京オリンピックの開催の可否について、「科学に基づいて判断すべきだ」との考えを示した。

バイデン大統領「(東京大会開催が)安全かどうかは科学に基づいて判断すべきだ」

バイデン大統領は7日、ラジオ番組に出演し、東京大会について菅首相と話したと明らかにしたうえで、「彼は安全に開催できるよう懸命に取り組んでいる」と指摘した。

一方、あくまで客観的なデータを基に開催の可否を決めるべきで、まだどうなるかわからないとの見解を示した。

バイデン大統領が、開催の判断について言及するのは初めて。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース