人の流れ 数字で発信 昼間のデータを帰宅時間帯に

社会


昼間の人の流れが、帰宅時間帯に数字で発信される。

東京都は、帰宅時間帯の午後6時以降、新宿・渋谷・池袋・新橋駅周辺のデジタルサイネージで、人出の多い午後0時台のデータの発信を始めた。

人の流れを抑えるためで、8日は、感染拡大前の2020年1月と比べて、人出は25%減にとどまるなど、大きな減少は見られなかった。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース