森会長、二階幹事長発言で野党追及 衆院予算委


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長による「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」との発言をめぐり、9日の衆議院予算委員会でも、野党が菅政権の対応を追及した。

立憲民主党・金子恵美衆院議員「森会長は撤回謝罪されたことになっている。でも、まだまだ止まらない抗議の輪です」

橋本五輪相「これはオリンピック・パラリンピックの重要な理念である男女共同参画とはまったく異なるものであり、あってはならない」

また野党は、ボランティアの辞退に関する8日の自民党の二階幹事長の「瞬間的に言ったと思うが、落ち着いて静かになったら、考えも変わるだろう」との発言も追及した。

立憲民主党・亀井亜紀子衆院議員「ボランティアの人への感謝の気持ちが感じられないし、失礼だ」

橋本五輪相「幹事長の発言は、どこにどういうような真意があったか存じ上げないが、不適切だったというふうに思います」

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース