「個別接種も柱」の自民提言に「現時点での準備変えず」 河野大臣


新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり、かかりつけ医などによる個別接種も柱とするよう求めた自民党の提言について、河野規制改革担当相が否定的な見解を示した。

9日に政府に提出される自民党の提言では、高齢者への接種について、自治体による「集団接種」だけでなく、持病の確認が容易なかかりつけ医などの医療機関での「個別接種」も柱とすることなどを求めている。

これについて、河野規制改革相は「(高齢者向け接種ルートの多様化は?)もう自治体ですでに接種体制の確立をして準備を進めていただいておりますので、現時点でそれを変えるつもりはございません」と述べた。

河野規制改革相は「将来的に否定するものではない」としたうえで、自治体の会場を中心に接種を行っていく現在の方針を強調した。

一方、田村厚労相は、保管の拠点から配分を受け接種を行う小規模会場の数の目安を緩和し、接種場所を増やしていく方針を示した。

また、田村厚労相は国会で、ファイザー製のワクチン1瓶あたりで打てる注射の回数が、特殊な注射器の確保が難しいため、6回から5回に減り、結果として接種できる人数が減少する可能性に言及した。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース