有元利夫の偽版画も販売 6作品確認


日本を代表する画家の絵画をもとにした偽の版画が流通していた事件で、油彩画家・有元利夫の作品についても、偽の版画が販売されていたことがわかった。

「早世の天才画家」と呼ばれる有元利夫の作品鑑定委員会が、2020年11月、業界団体からの連絡を受け調査したところ、有元利夫の「MAGIC『占いの部屋』」など、6作品の偽の版画が販売されていたことが確認された。

偽の版画は数枚確認されたが、委員会では、ほかにもないか鑑定を行っていく方針。

警視庁は、画廊の経営者の関与についても調べる方針。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース