北朝鮮 核・ミサイル開発継続 プルトニウム60kg保有と報告書

国際


北朝鮮が依然、核開発を継続していると報告。

国連関係者によると、8日、北朝鮮に対する制裁委員会に提出された専門家の年間報告書で、北朝鮮は、毎年7kgのプルトニウムの生産能力を持ち、2018年までにあわせておよそ60kgを製造し、保有していることが報告された。

これは、核爆弾少なくとも7発分の原料となり、このほかにもウランを保有しているものとみられるという。

報告書では、北朝鮮が1月の党大会などで核ミサイル開発に言及するなど、懸念される状況が続いているとして、各国に警戒を呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース