ミャンマーでデモ続く 女性1人撃たれ重体

国際


クーデターが起きたミャンマーでは、最大都市ヤンゴンなどで5人以上の集会が禁止されたが、各地では4日連続で抗議デモが行われている。

日本時間9日午後6時45分ごろの情報では、首都ネピドーで、ゴム弾か実弾かは明らかになっていないものの、デモ参加者の女性1人が撃たれ、重体になっているという。

現地メディアは、第2の都市マンダレーで、治安当局の車両がデモの参加者に向かって放水し、けが人が出たと報じていて、デモ参加者およそ30人が拘束されたという。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース