大阪府“緊急事態” 解除要請は見送り


大阪府は、9日午後に開かれた対策本部会議で、国の緊急事態宣言の解除の要請を見送ることを決定した。

吉村知事「病床の逼迫(ひっぱく)度を考えて、来週に本部会議をもう一度開催したい」

解除の要請を見送った理由としては、感染状況は明確な減少傾向にあるものの、重症病床が依然として逼迫していることが挙げられた。

また会議で、医療の専門家から、「再び感染拡大すれば、医療体制はすぐ限界を超えることが予想される」など、厳しい意見が寄せられたことも理由。

吉村知事は来週、あらためて対策本部会議を開き、緊急事態宣言の解除を要請するか判断するとしている。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース