近畿日本ツーリスト GoTo停止で債務超過

経済・ビジネス


近畿日本ツーリストを傘下に持つ、KNT-CTホールディングスは、2020年12月末の時点で、34億円の債務超過に陥ったと発表した。

新型コロナウイルスの感染拡大と「GoToトラベル」の一時停止により、旅行予約のキャンセルが相次いだことによるもので、2021年3月期の最終的な業績の赤字予想も、170億円から370億円に下方修正した。

一方、1月に希望退職を募集したところ、1,376人の応募があったという。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース