森氏“発言”女性議員「白」で抗議 二階氏“不適切”発言も火に油

政治・外交


森会長の女性蔑視発言が波紋を呼んでいる。

白い服に白いバラ、白を強調する装いで午後の衆議院本会議に臨んだのは野党の議員たち。

白はアメリカで女性の政治参加を訴えるシンボルカラー。

野党側は、このアピールを通じて女性蔑視発言をした東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長に対する抗議の姿勢を示した。

組織委員会や東京都に寄せられた抗議や意見は、2月8日までの5日間であわせて5,700件以上、少なくとも440人以上のボランティアが辞退を申し出ているという。

JOC日本オリンピック委員会の山下会長は2月9日、発言をこう批判した。

JOC 山下泰裕会長「これはオリンピズムの根本、基本精神に反するものであって、(森会長の発言)これは許されるものではないと」

午前の国会では、野党側が政府を追及した。

立憲民主党・山本和嘉子議員「2月8日、菅総理が森会長の発言を『国益にそぐわない』というふうにおっしゃいました」

麻生副総理「これだけ国々から言われるということは国益にそぐわないことは、はっきりしている」

一方、多くの批判を浴びた謝罪会見での態度について、派閥の後輩でもある萩生田文科相はこう解説した。

萩生田文科相「森さんのご性格といいますかね、今までの振る舞いで最も反省しているときに逆にああいう態度を取るんじゃないかなという思いも私はございます」

この問題で火に油を注ぐ格好となったのが自民党二階幹事長。

相次ぐボランティアの辞退について、2月8日、「落ち着けば考えも変わる。辞めるなら新たに募集せざるを得ない」などと発言。

麻生副総理は発言の前後がわからないとしつつも...。

麻生副総理「ボランティアというものは非常にこういった大きな大会をやるときに必要な大きな力だと思いますので、そういった方々に対する敬意を欠いている」

当の二階幹事長は、発言の真意をこう説明している。

自民党・二階幹事長「お互い冷静に考えたら、またそれぞれ落ち着いた考えになっていくんじゃないかと。女性を心から尊敬しております」

組織委員会は、大会のスポンサー企業などからも批判の声が上がっていることなどもふまえて、12日に臨時会合を開催する方向で調整している。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース