IOC「極めて不適切」 森会長の発言

国際 スポーツ 東京2020


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言について、IOC(国際オリンピック委員会)は、「極めて不適切だった」とする声明を出した。

IOCは9日、森会長の発言についてあらためて声明を出し、「森会長の発言は極めて不適切で、IOCの理念とも矛盾している」と批判した。

そのうえで、「森会長は謝罪したが、東京大会の組織委員会も発言を不適切だと認識しており、男女平等に取り組むことを再確認している」と指摘している。

森会長の発言をめぐっては、IOCは4日の時点で一度声明を出したが、その際は「極めて不適切だった」という表現はなく、「森会長は謝罪をした。この問題は決着したと考えている」としていた。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース