大阪 宣言解除要請を見送り 「もう少し抑えたい」


大阪府は、緊急事態宣言について、現時点では国に解除を要請することは見送ることを決めた。

大阪府・吉村洋文知事「(重症病床の使用率は)減少傾向にあるが、まだ少し高いと思っているし、もう少し抑えたいという思いもある」

緊急事態宣言の解除を国に要請するための独自基準を満たしたことを受け、大阪府は9日、対策本部会議を開いた。

会議では、医療の専門家から、「再び感染拡大すれば、医療体制はすぐ限界を超えることが予想される」など、解除要請について厳しい意見が寄せられた。

また、依然として重症病床が逼迫(ひっぱく)していることもふまえ、吉村知事は、国に宣言の解除要請をすることは見送ることを決めた。

吉村知事は来週、あらためて会議を開き、緊急事態宣言の解除を要請するかどうか判断するとしている。

(FNNプライムオンライン2月9日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース