トランプ氏の弾劾裁判 まもなく開始 議会襲撃事件めぐり

国際


トランプ前大統領の弾劾裁判がいよいよ始まる。

アメリカの議会襲撃事件をめぐるトランプ前大統領の弾劾裁判の審理が、このあと議会上院で始まる。

審理初日となる9日は、すでに退任したトランプ氏を弾劾裁判で追及することが違憲かどうかを問う、討論と採決が行われる。

その後は、検察官役を務める民主党とトランプ氏の弁護団がそれぞれ最大2日ずつ意見陳述を行う予定。

有罪には共和党内から17人の賛成が必要だが、支持は根強く、無罪が濃厚という見方が広がっている。

弾劾裁判は、新型コロナウイルスの追加経済対策の審議を急ぎたい民主党側と、早期に無罪を勝ち取りたいトランプ氏側の思惑が一致し、来週中にも終わる見通し。

フジテレビ・風間晋解説委員に聞く。

三田友梨佳キャスター「トランプ前大統領の弾劾裁判で、有罪とはならない、そんな見方が多いようですね」

風間解説委員「弾劾に必要な17人もの共和党議員の造反はないと、自分の再選を最優先に考えたらトランプを敵にまわせないという見方です。でも上院議員は任期6年です。来年の中間選挙に出る共和党の現職は今のところ最大で16人です。残る34人は、選挙のことはそんなに気にせずに判断できるんです。決め付けたらいけないと思います。さらに、退任した大統領を弾劾するのは違憲とする手続きに、1月下旬、共和党議員45人が賛成したために造反は広がらないとみられています。しかし、どのみち弾劾裁判は行われますから、そこをはまだ反対するタイミングではないと考えた議員も少なからずいると思います。議会が襲撃され、5人が死亡したという事件。そして、現職の大統領の弾劾はいずれもアメリカの歴史に刻まれることになります。上院議員はその重みを意識しつつ、審判のときを迎えることになると思います」

三田友梨佳キャスター「早ければ来週にも結審される見通しだということで、その行方が注目されます」

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース