自転車やバイク「利用避けて」 ワクチン移送の振動懸念で


厚生労働省は、新型コロナウイルスワクチンの接種に関する手引きを改訂し、ワクチンを冷蔵移送する際、自転車やバイクの利用は避けることが盛り込まれた。

新型コロナウイルスのワクチン接種に関する手引きの改訂版では、接種会場へ冷蔵で移送する場合、ワクチンの性質上、振動を避け、安定した状態で運搬する必要があるとして、保冷バックを揺らさないよう慎重に取り扱い、自転車やバイクの利用を避けるとしている。

ワクチン移送の時間は、原則3時間以内とし、離島など特別な事情がある場合でも、12時間を超えることはできないと明記されている。

また、前回の手引きでは、ファイザー社のワクチンは1瓶あたり6回分だったが、一般的な注射器では5回分と今回改訂された。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース