【独自】組織委 森会長に“厳しい意見”か 12日午後の臨時会合


女性蔑視ととれる東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長の発言をめぐり、国内外から批判の声が強まる中、組織委員会は、理事と評議員を集めた臨時会合を12日午後に開催する。

関係者によると、森会長に対し、厳しい意見が向けられるもようだという。

関係者によると、組織委員会は、理事や評議員から意見を聞く必要があると判断し、メンバーによる臨時会合を12日午後に開催するという。

ある大会関係者は、「森会長に厳しい意見が向けられるようだ」としているが、別の関係者は、森会長に代わる対外的な存在感を示せる後任選びの難しさを指摘していて、臨時会合での対応が焦点となる。

一方、大会スポンサー企業からは、苦言が相次いでいる。

三井不動産と東京ガスは、「大会の理念に反する不適切な表現で遺憾だ」としているほか、パナソニックは、「個々の事案についてコメントする立場にないが、女性蔑視などの差別は当社の価値観とは相いれないものだ」とコメントしている。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース