両陛下 オンラインでお見舞いへ 東日本大震災から10年


天皇皇后両陛下は、発生から10年を迎える東日本大震災の被災地を、オンラインを活用して訪問される方向で調整が進められていることがわかった。

関係者によると、新型コロナウイルスの影響で、現地への訪問が難しい中、両陛下は来週以降、福島県・岩手県・宮城県と、それぞれオンラインで、被災者と懇談される方向で調整が進められているという。

震災から10年の節目にあたる訪問は、被災地に心を寄せ続ける両陛下の希望によるもので、3月11日に東京都内で政府主催の追悼式が開催される場合、両陛下は出席される見通し。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース