「えひめ丸」事故から20年 宇和島水産高校で追悼式典


愛媛県の水産高校の実習船「えひめ丸」が、アメリカ・ハワイ沖で、原子力潜水艦に衝突され、生徒ら9人が死亡した事故から20年がたち、高校で追悼式典が行われた。

宇和島水産高校では、事故が発生した午前8時43分に合わせて、鎮魂の鐘の音が9回鳴らされ、全校生徒や遺族らおよそ260人が冥福を祈った。

宇和島水産高校・武智誠治校長「この事故に対する大きな憤りと悲しみは、決して癒えることはありません」

また、当時、原子力潜水艦の艦長だったスコット・ワドル氏が、遺族に書簡を送り、「謝罪のための遺族との速やかな面会は軍に止められていた。もっと熱心に遺族と会えるよう努めておけばよかった」と後悔の念をつづっている。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース