緊急事態宣言影響 1月ビール大幅減 業務用が大きく落ち込み

経済・ビジネス


1月のビール類の販売数量は、緊急事態宣言で、再び大きく落ち込んでいる。

ビール大手各社が発表した、発泡酒や第3のビールを含む1月のビール類の販売数量は、前の年の同じ月と比べて、キリンが8%、サントリーが21%、サッポロが30%、それぞれ減少した。

アサヒは、販売額で31%の減少。

巣ごもり需要で、缶製品は、健康を意識して糖質を制限したタイプを中心に好調だったものの、一部地域で緊急事態宣言が再び発令されたことで、業務用ビールが大幅に落ち込み、2020年12月よりも減少幅は拡大している。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース