【速報】博報堂系元社員が不正発注 27億円以上を損失計上

経済・ビジネス


博報堂DYホールディングスが、子会社の元社員の不正行為で、27億円以上を損失計上。

不正を行っていたのは、子会社の「博報堂プロダクツ」の40代の元男性社員で、2016年から4年間にわたり、会社の名義で購入した金券や商品券を現金に換金し、流用していた。

元社員は、発注した金券のうち、一部は支払っていたが、27億1,000万円分は会社が支払うことになり、博報堂DYホールディングスは、10日に発表した決算で特別損失として計上した。

1月29日付で元社員を懲戒解雇にしたほか、刑事告訴も視野に対応を検討するとしている。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース