行列のできる「スチーム生食パン」 「蒸気」で焼いた“しっとり食感”


食パンがブームの中、日本初、スチームで焼いた生食パンの専門店が、10日にオープン。

10日午前8時すぎ、オーブンには、ふっくらとしたパンが並び、スタッフは大忙し。

開店直後から行列ができた、日本初のスチーム生食パン専門店「STEAM BREAD EBISU」。

ここ数年、空前の高級食パンブーム。

火付け役となった「乃が美」をはじめ、個性豊かでプチリッチな食パンが人気を集めている。

そんな食パン界に新星として現れた、日本初のスチームで焼いた生食パン。

その魅力は。

「STEAM BREAD EBISU」・松戸茜里咲店長「パンを焼く工程に、蒸気で蒸し焼きをするので、ふわふわ、もちもちの食パンになっています」

食パンを焼き上げるのは、蒸し焼き料理に使われる特別なオーブン。

生地に水分を多く含ませることで、100%国産の小麦の甘みと香りを最大限に引き出し、もっちり、しっとりとした食感に。

看板商品は、「大人の生#スチパン」。

パンを買ったお客さんは。

主婦「やわらかいです。ナイフ入れると、つぶれてしまいそうなくらい、ふわふわな感じ。絶対に初日に買いに行こうと思っていました」

お店はテイクアウト専門。
予約購入がオススメだという。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース