サッポロが160億円赤字 業務用ビール落ち込み...

経済・ビジネス


外食事業の落ち込みなどにより、22年ぶりの赤字となった。

サッポロホールディングスは、2020年12月期の連結決算で、最終損益が160億円の赤字になったと発表した。

また売上高は、前の年に比べて、11.6%減って、4,347億円だった。

外出自粛や時短営業などにより、業務用ビールの販売が落ち込んだほか、グループ会社が運営するビアホールやカフェチェーンなどの売り上げが減少した。

巣ごもり需要で缶ビールが好調だったものの、カバーしきれなかったとしている。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース