潜水艦事故調査 右側のかじ 損傷確認


海上自衛隊の潜水艦が、高知県沖で貨物船と衝突した事故で、国の運輸安全委員会が調査官を派遣し、潜水艦の調査を行った。

船舶事故調査官・牧野真人主管「同種の事故はどうやったら防げるかという観点から、事故調査を行っております」

10日の調査では、ボートに乗って、外側から潜水艦の船体の損傷の状況を調べ、右側のかじが損傷していることを確認した。

また、乗組員から事故当時の状況などについて話を聞くなどしていて、11日以降も内部の調査などを続けるとしている。

(FNNプライムオンライン2月10日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース