オンライン裁判でトラブル 弁護士がネコに 子どもが使用 設定そのままで アメリカ

国際


厳粛さが求められる法廷で、コロナ禍ならではのハプニング。

9日、アメリカ・テキサス州の裁判所が開いたオンライン法廷に出廷したのは、つぶらな瞳のネコ。

困った顔で裁判官に語りかける。

弁護士「裁判官、聞こえますか?」

裁判官「聞こえますよ。画面にフィルターがかかっているのでは?」

弁護士「はい、外し方がわからなくて...アシスタントが外そうとしているのですが。わたしは今ここにいます! わたしはネコではありません!」

画面がネコになってしまった弁護士に、同席者は思わずクスリ。

弁護士が使ったパソコンは秘書のもので、弁護士は、設定が秘書の娘の「ネコフィルター」のままだったのではないかと話している。

裁判官は閉廷後、ツイッターに「#OhNo」のハッシュタグをつけて映像を公開し、子どもがパソコンを使用したあとは設定を確認するよう、注意を呼びかけた。

(FNNプライムオンライン2月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース