ワクチン輸出拠点ベルギーでは... 「日本社会を元通りにできれば」

国際


新型コロナウイルスのワクチンを日本に輸出する拠点の1つとされるベルギーの空港では、専門チームが設置され、輸出にあたっている。

ワクチンの輸送専門チームは2020年10月、首都ブリュッセルの国際空港に設置され、1,500万回分を超えるワクチンの輸送を担ってきた。

ワクチンは保存期間が限られるため、作業のスピードが鍵となる。

ブリュッセル国際空港 ワクチン輸送担当者「ワクチンの梱包(こんぽう)や地元のインフラなどにより、とても短い時間で世界中に届けられる」

チームの責任者は、ワクチンによって世界が元通りになることに期待を寄せる。

ブリュッセル国際空港 ワクチン輸送責任者「ワクチンを通じ、日本社会を元通りにする役割を果たせればうれしい。ベルギーと日本は常に良い関係にある」

ファイザー製のワクチンは、14日にも日本に到着予定。

(FNNプライムオンライン2月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース