84歳川淵三郎氏「人生最後の大役」 森会長“電撃辞任” 五輪開催は


女性蔑視発言の責任を取って、森喜朗会長(83)が辞任を決めた。

後任に名前が挙がった、日本サッカー協会相談役の川淵三郎氏(84)が、就任の意向を明らかにした。

11日午後5時前、森会長の後任に起用される見通しの川淵氏が取材に応じた。

次期会長で調整・川淵三郎さん「問題として検討しないといけない数は、割合限られていると思う。その中でなら、まあなんとかできるのかなと。森さんの今までやってきたすごい成果を横取りするのは、僕としては一番嫌だ。言ってみれば、影の人として最後の成功に努力できればいいな」

12日に開かれる組織委員会の会合で、辞任する意向を表明する方向の森会長。

2014年に組織委員会のトップに就任し、大会開催に尽力してきたものの、「女性がたくさんいる理事会は時間がかかる」などとした発言に批判が集まり、撤回を余儀なくされた。

記者「そういう方が、組織委の会長をすることは適任か?」
組織委・森会長「さあ、あなたはどう思いますか?」、
記者「わたしは適任ではないと思います」
組織委・森会長「じゃあ、そういうふうに承っておきます」

記者「辞任する考えは浮かんだ?」
組織委・森会長「辞任する考えはありません」

この会見から、わずか1週間で続投を断念。

組織委員会の内部から聞こえてきたのは、「結局、周りからの圧力に耐えきれなかったということだろう。辞任については、われわれに1mmも連絡がなく、とても残念」といった声。

海外メディアも相次いで速報。

アメリカ・ブルームバーグ「SNSのコメントの嵐が、森を辞任へと追い込んだ」

AP通信「森喜朗の長い物語は終わりに近づいている」

11日、日本卓球協会の幹部は、FNNの取材に、JOC(日本オリンピック委員会)の責任にも言及するとともに、強い口調で苦言を呈した。

日本卓球協会・宮﨑強化本部長「違うことに対し、『違う』と発言できない方が、多くJOCにいたことも問題だと思います。森会長がほかの方に代わっても、スポーツに携わる全員が、世界平和・男女平等を心から思わない限り、オリンピックは日本では開催すべきではないと思います」

焦点となる森会長の後任。

急浮上したのが、これまで強力なリーダーシップを発揮してきた、川淵三郎さん(84)。

およそ30年前に、Jリーグを立ち上げた川淵三郎さん。
ポスト森会長として、調整が進められている。

川淵三郎選手村村長は2020年2月、「安心で安全な五輪・パラリンピック、選手村になるよう、ベストを尽くしたい」と話していた。

森会長の1歳上の84歳。
組織委員会の評議員であり、大会選手村村長の立場にもある。

元サッカー日本代表で、1964年の東京オリンピックで強豪アルゼンチンからゴールを挙げたオリンピアン。

日本初のプロサッカーリーグ「Jリーグ」の創設に尽力した。

2015年には、2つに分裂していた日本のバスケットボールリーグを1つにまとめ上げ、Bリーグ誕生へと導いた。

2015年、Bリーグチェアマンだった川淵氏(当時78)は、「バスケットボール界の発展のために真剣に考えたら、解決できないわけがないと、僕は信じています!」と話していた。

街の人「今、現状で正直、これだって人いないので、とりあえず誰か代わってもらって、やってみるしかないですよね」、「とにかく選手ファーストで粛々と、失言などせずやっていただけたら」

サッカー、バスケに続くオリンピックの開催組織の立て直し。

川淵さんに、10日に電話したというスポーツジャーナリストの二宮清純氏は、本人から、こう聞いたという。

スポーツジャーナリスト・二宮清純さん「(きのうの電話で)川淵さんは、『胃が痛い』と言った。森さんから『辞任したあとは、川淵さんにあとを頼むよ』と相談されていたんじゃないかと、わたしは感じましたね」

大きな重圧を背負うことになる川淵さん。
どのような手腕を発揮することになるのか。

二宮さん「(立て直しは)とにかく時間との闘い。となると、これまで森さんが培ってきた人脈や調整力を利用するしかない。森さんに対してもハッキリ物を言えるのは、日本のスポーツ界でも川淵さんぐらい」

11日午後5時前の取材に、大役を引き受ける意向を示した。

次期会長で調整の川淵さん「(気持ちは前向き?)前向きにならざるを得ない。森さんがああいう状況で。いろんな準備、いろんなご苦労があって、ここまで来た。残りわずかのところで退任されるのは、本当に残念だと思う。(会長を引き受けるのは)家族もみんな反対なんだ。選手村の村長の方が、ずっとよかったんだけどね。僕の人生の最後の大役ということで、ベストを尽くしたい。もし選ばれればという前提で、その前提をご理解いただきたい」

(FNNプライムオンライン2月11日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース