入院中に感染...脱毛も “コロナ後遺症”の苦悩 35歳女性 いま伝えたいこと


新型コロナウイルスに感染し、重症化したある女性が陰性となった今も、自力で立ち上がれないなど、後遺症とされる症状に苦しんでいる。

2020年10月、持病の治療のため東京・江戸川区の病院に入院した女性。

2020年12月に感染確認された遠藤怜子さん(35)「先生がいらして、『実は、コロナに感染しました』と言われました」

病院スタッフ以外との接触はなかったが、12月4日、医師から感染したことを伝えられる。

その病院では、12月7日までにスタッフ8人の感染が確認されていた。

遠藤怜子さん「(持病もあるので)気をつけていたのにもかかわらずかかってしまって、“本当に死んじゃうのかな”と思った」

女性は、治療を受けて回復し、年末に退院。

現在は、実家で暮らすものの、家族の助けがなければ、自力で立ち上がり、歩くこともままならない。

女性を待ち受けていたのは、終わりの見えぬ後遺症とされる症状の苦しみだった。

遠藤怜子さん「抜け毛がとにかくひどい。脱毛があったり、ご飯がじゃりの味がして、病院に連絡すると『一度来てください』と言われるが、わたしがまず動くことができないので」

遠のく日常。

これまで続けてきた声楽家としての活動も、復帰の見通しは立たないという。

遠藤怜子さん「(声楽家への復帰は)無理かなと思っています。もうできないのかなって。私は家族の力があってどうにかやれているが、そうじゃない人もいる。そこには、自治体も政府も目を向けなければいけないとわたしは思う」

そして、感染者が減少傾向にある今、気を緩めるべきではないと訴える。

遠藤怜子さん「自分の家族や大事な人がもしそうなったらと、その“もし”の部分を考えたら、少しは(行動も)変わるかなと」

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース