コロナ禍で写真不足 「動く卒アル」に新たな価値


小学校で新年に行われた習字の授業。

指導する先生の手元には、ビデオカメラが。

卒業アルバムに動画、「動く卒業アルバム」とは。

千葉・松戸市の北部小学校。

3月に卒業する6年生は、卒業アルバムに写真が足りない状態になっていた。

運動会や修学旅行などの学校行事が、新型コロナの影響で中止となったため。

そこで、導入を決めたのが、動く卒業アルバム。

先生が、日常の授業の様子を撮影した動画。

どのようにアルバムになるのか。

2020年作られたほかの小学校のアルバム。

一見、普通の卒業アルバムと変わりないが、この運動会の写真にスマートフォンをかざすと、スマホの中で写真が動き出した。

これは、AR技術を活用した「卒ARu」というサービス。

アルバムに印刷された写真を「卒ARu」のアプリ上で画像認識すると、スマートフォンに動画が流れる仕組み。

動画を見るには、学校ごとのIDが必要なため、画像の誤認識を防ぐ。

この春卒業する6年生の児童たちは、「いろんなことがあって、学校になかなか来られなくなって修学旅行とかもなくなっちゃったけど、動画として思い出を味わえるのがすごくうれしい」、「(撮影されてどうだった?)僕は放送委員だから緊張はしなかったけど、作品を映せて思い出に残って良かったかなと思う。動画じゃないと伝わらないものがあると思うので、僕はいいと思った」などと話した。

学校行事が中止になる中でも、これまでとは違った形の卒業アルバムを楽しみにしていた。

松戸市北部小学校・大久保美沙先生「この状況の中で、できないことが増えていると思うんですけど、できない中でも、子どもたちは、いろんなことを考えて学校生活では笑顔でいるので、その笑顔の瞬間を残してあげたいというのが、一番の思い」

この動く卒業アルバム。

将来的にも価値があるサービスだという。

株式会社Ms・武田政揮代表取締役「いま見て、動いてすごいというのもいいんですけど、5年後、10年後、自分が何か社会で悩んだときに、恩師の言葉や友達との思い出を振り返って、何か頑張れる源になっていただければと思っている。先生のメッセージとか、大人になってから初めてわかる大事な部分がいっぱいあるので、その点を動画で伝えられたならなぁと思っている」

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース