森会長 午後に辞意表明へ 「なぜ勝手に決める?」の声も


女性を蔑視する自らの発言をめぐって辞任する意向を固めた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長は、12日午後の組織委の臨時会合で辞意を正式に表明する見通し。

大会組織委員会は12日午後3時から、理事と評議員による合同の懇談会を開き、冒頭で森会長が発言し、辞意を表明する見通し。

森会長は11日、Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏と1時間にわたって面会し、川淵氏は会長に選出された場合、引き受ける意向を示した。

川淵三郎氏「森さんの政治力を生かしてもらえるような立ち位置で、ぜひ一緒にやっていただけるのならばお引き受けしますよということだった。僕としても、残る人生のベストを尽くしたい」

川淵氏は、森会長に相談役として残るよう要請し、受け入れられたと明かした。

しかし、組織委幹部の間では、森会長が後任を川淵氏に直接要請したことについて、「なぜ勝手に決めるのかという意見が必ず出てくる」との声が上がっている。

大会まで半年を切ったタイミングで課題が山積する中、12日午後の会合でどのような話し合いが行われるかが、「川淵新体制」にスムーズに移行できるかのカギを握ることになるとみられる。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース