都議 森氏の後任指名に手続きの透明性求める 「ルール逸脱」の声も


女性を蔑視する自らの発言をめぐって辞任する意向を固めた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長は11日、Jリーグ初代チェアマンの川淵三郎氏と1時間にわたって面会し、川淵氏は会長に選出された場合、引き受ける意向を示した。

森会長が後任を指名したことに対して、臨時会合の参加者などから、反発の声や手続きの透明性を求める声が上がっている。

東京オリンピック・パラリンピック組織委員会理事で、12日の臨時会合に出席する都議会公明党の東村邦浩幹事長は、12日朝、フジテレビの取材に対し、「会長選考の手続きは選考委員会を開くなど、透明性を持って適切に行っていくべき」と述べた。

同じく理事で、都民ファーストの会の小山有彦政調会長は、「退任される会長が指名したとしたら問題であり、組織委員会のルールから逸脱している」と述べている。

また、別の関係者らからは、次の会長について、「民間人で女性の方がいいのでは」といった声も上がっている。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース