五輪相 会長の後任「正式な手続きを」 都知事は沈黙


辞任する意向を固めた東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が後任を指名したことに対して、臨時会合の参加者などから、反発の声や手続きの透明性を求める声が上がっている。

この局面で発言が注目される小池都知事は12日朝、「このまま会議に入りますので、すみません」とカメラを素通りし、発言することはなかった。

一方、橋本オリンピック・パラリンピック担当相は、閣議後の会見で、「会長が変わるということは、非常に困難なことがあるかと思います。東京大会の成功に向け、準備していくことに変わりないので、しっかりやっていきたい」、「(次期会長は、どのように決まっていくのが望ましい?)正式な手続きを踏まれていくことが望ましいと思う」

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース