ワクチン正式承認 1日前倒しへ 14日にも


新型コロナウイルスのファイザー製のワクチンについて、当初より1日前倒しして、14日にも正式に承認される見通しになった。

医療従事者への先行接種は、17日から始まる見通し。

田村厚労相「しっかりと議論をいただいて、承認差し支えないということになれば、承認の手続きに入りたいというふうに思っている」

ファイザー製の新型コロナウイルスのワクチンは、12日夜、厚労省の専門部会で特例承認の可否が判断される。

その後、14日に正式に特例承認され、17日からは、医療従事者1万人から2万人を対象にした接種が始まる見通し。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース