「森氏が後継指名はダメ」 組織委を問題視も


森会長の辞任と川淵氏の後任起用については、大会への影響を指摘する声が政界でも出るなど、波紋が広がっている。

フジテレビ政治部・亀岡晃伸記者が中継でお伝えする。

森会長の辞任について、政府高官は「政権への影響はない。五輪への影響もない」と強調するが、「これでリセットになるかどうかは、国民の受け止め次第だ」との不安の声も聞かれる。

森会長の辞任について、政府高官は12日朝、「政府が首を突っ込んでもいいことがなかった」とし、積極的に関与しなかったことを示唆している。

一方、後任をめぐっては、政府・自民党内から安倍前首相を推す声もあったが、安倍氏自身が周囲に否定的な考えを伝えていた。

また、菅首相周辺が「女性なら橋本大臣しかいないと思っていた」と語るなど、女性の起用を模索する動きもあったが、決定打に欠けた。

閣僚経験者の1人は、「本音を言えば女性がよかった」と漏らす一方、政府高官は「安心して任せられる人選だ」と話している。

一方、野党は、一連の動きに疑問を呈している。

立憲民主党・森山議員「発言が非常に問題あったという中で、その人が次の人を指名することが大きな問題だと思いませんか。森会長が相談役に残ると。これは望ましいことではないと思いませんか」

橋本五輪相「本日、いろいろな議論を交わされながら、人事について決定を固める方針と承知している。その結果を注視したい」

また、自民党内からも、「もめ事を起こした森会長が後任の指名にからんではダメだ」などと、今後の影響を懸念する声が上がっている。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース