【速報】組織委「川淵氏起用」白紙に 後任人事ふり出しに


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会は、森会長の後任について、川淵三郎氏の起用を含め、人事を白紙にする方針。

政府は、森会長の後任に川淵氏を起用する案について、国民の間に反発する声があることをふまえ、起用を見送るよう、組織委員会などに働きかける調整に入った。

これを受け、組織委員会は、川淵氏の起用を含め、人事を白紙にして検討する方針。

組織委員会幹部の間では「当初の想定が崩れて、正直混乱している」、「どうなるかまったくわからない。今後の日程にかなり影響がある」との声が広がっている。

その、川淵氏は12日午後1時半ごろ、自宅を出る際に報道陣の取材に応じた。

川淵三郎氏「(政府から会長起用見送りの意見もありますが?)あ、ほんと、それはもう、そういうことが出たのならば、ある程度従わなくちゃいかんのじゃないの。(そういう話は聞いていた?)全然聞いてない。テレビで臨時ニュースでやっていた。(“森さん相談役”に疑問の声も上がっているようですが?)うん、もうあまりコメントしない」

起用の見送りについては聞いていなかったものの、従わなくてはいけないと話した川淵氏。

午後3時からの組織委員会の会合に、森会長とともに出席する予定。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース