【速報】橋本五輪相 起用案が浮上 森氏辞任表明で後任人事混迷


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長が、女性蔑視発言の責任を取り、正式に辞任を表明した。

後任については一転、橋本オリンピック・パラリンピック担当相の起用が浮上している。

森会長は、12日午後3時からの組織委員会の会合で、辞任を正式に表明した。

後任には、森会長が就任を依頼した川淵三郎氏が起用される方向だったが、後継指名への反発を受けて白紙となり、新たに橋本大臣の起用が浮上している。

これについて、橋本大臣は...

橋本五輪相「承知しておりません。組織委員会、評議員会、理事会、懇談会の場でしっかりとした議論がなされると承知している」

ただ、橋本大臣が会長に就任するには、オリンピック憲章に政治的中立がうたわれていることをふまえ、少なくとも大臣を辞める必要があるとの指摘もあり、難しい判断になるとみられる。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース