「透明」求める声“密室”にNO 森氏辞任表明に政界からは...


森会長が辞意を表明し、川淵三郎氏の起用が白紙となる中、政府与野党から、後任人事で透明性を求める声が相次いでいる。

加藤官房長官「政府とは独立した法人のため、人事含めて、自ら独立して判断すべき。後任うんぬんあったが、透明性のある形で対応されていくべきと承知している」

加藤官房長官は、後任人事は、組織委員会が透明な形で選定すべきだとの考えを強調した。

共産党・志位委員長「女性蔑視発言で引責辞任した方が指名して、密室で会長が決まる。厳しい批判は免れない」

また自民党でも、稲田元防衛相が「川淵さんの件も含めて、やはり現時点で透明性があるとはいえない」と述べた。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース