楽天 過去最大1141億円赤字 携帯への先行投資が要因

経済・ビジネス


楽天は、携帯事業への投資が響き、過去最大の赤字を計上。

楽天は、2020年12月期の決算を発表し、純損益が1,141億円の赤字となり、過去最大の赤字だったと発表した。

2020年に本格参入した携帯事業で、基地局整備などへの先行投資が大きな要因だとしている。

一方、売上高は、巣ごもり需要でネットショッピングが好調となり、前期比15.2%増の1兆4,555億円で過去最高だった。

(FNNプライムオンライン2月12日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース