森氏辞任表明 後任“白紙”に 川淵氏 一転“辞退”


森氏の辞任後、後任の会長に前向きだった川淵三郎氏が辞退したため、人事は白紙状態からの検討となる。

大会組織委・森喜朗会長「きょうをもちまして、会長を辞任いたそうと思っております」

12日、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の臨時会合で、辞任を正式に表明した森喜朗会長。

森会長は、「これは解釈の仕方だと思うんですけど、わたしはそういう意図でものを言ったわけではないのだが、多少意図的な報道があったんだろうと思いますけど、女性蔑視だということを言われまして」と述べたうえで、「女性を蔑視する気持ちは毛頭ない」と釈明した。

一方、“ポスト森”をめぐる動きは、12日に大きく揺れた。

森会長から直接後継に指名された川淵三郎氏の起用は、一転、見送りに。

川淵氏後任案については、国民の間に反発する声があるため、政権幹部も川淵氏の起用を白紙にしたい意向を示していた。

加藤官房長官「大会組織委員会は、公益財団法人でもあります。人事を含めた運営についても、透明性のある形で対応されていくべきものと承知している」

そして、会長就任に前向きだった川淵氏も、12日の組織委員会の会合で、辞退を表明した。

午後7時前、自宅に戻った川淵氏は。

川淵三郎氏「会長を選ぶには、透明性と外部からの干渉がないかとか、オープンにとか、そういうふうなことを各委員が言った。そういうことを言っている最中に僕が手を挙げて、僕の対応が悪かったせいで、全て僕の責任です。会長の候補に関しては辞退すると、きょう辞退宣言をさせていただいた。もう気持ちはすっきりしている。みんながそういうふうな感じで思っているんだろうなと。新しい人がでてきて、素晴らしいオリンピックが開催できればいい」

白紙状態となった後任人事。

こうした中、政府・自民党内からは、後任には女性であり、選手、政治家としてオリンピックに長年関わってきた橋本大臣がふさわしいとの声が複数出ている。

橋本五輪相は12日夜、「今後は、これから組織委員会の理事会の中で決定をされていくものだと承知している」、「(次期会長に打診や要請はあった?)わたしにですか? まったくありません」と述べた。

菅首相は、「組織委員会でルールに基づいて、透明性の中で今後の会長を決められるということなので、国民の皆さんが納得できるような手順を踏んで検討していただくことが大事だと思っている。それ以上のことは、まだ何も決まっていません」と述べた。

一方、組織委員会の武藤事務総長は、臨時会合後の記者会見で。

大会組織委・武藤事務総長「後任の会長を早急に決める必要がある。候補者検討委員会を設置することとします」

候補者検討委員会は、組織委員会の御手洗名誉会長が委員長を務め、委員会のメンバーはアスリート経験者を中心に現在の理事から選び、男女の比率はほぼ同じにするという。

大会組織委・武藤事務総長「このタイミングでの会長の辞意表明なので、準備に1日たりとも遅滞が生じてはいけないと認識している。組織委員会一丸となって、全力で対応にあたっていきたいと思っている」

(FNNプライムオンライン2月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース