候補者検討委は男女半々 IOC「決定をたたえたい」

国際


東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森会長は、12日に行われた臨時会合で、女性を蔑視する自らの発言の責任を取り、辞任を表明した。

一方、組織委員会が示した方針について12日、IOC(国際オリンピック委員会)が声明を発表した。

IOCは、森会長の後任を選ぶための委員会の構成について、「男女平等にメンバーを置くという決定をたたえたい」と評価した。

また、組織委員会の理事と評議員の女性比率を高める方針を示したことも、「歓迎する」としている。

(FNNプライムオンライン2月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース