米政府も批判「容認できない」 森会長の女性蔑視発言

国際


辞任を表明した東京オリンピック・パラリンピック組織委員会の森喜朗会長の女性蔑視発言を、アメリカ政府も強い表現で批判した。

サキ報道官「(森会長の女性蔑視発言に関してコメントは?)まったく容認できるものではありませんでした」

差別解消を打ち出すバイデン政権として、今回の発言は容認しないという姿勢を示した形。

(FNNプライムオンライン2月13日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース