福島・相馬市の常磐道で土砂崩れ 巻き込まれた車なし


13日午後11時8分ごろ、福島県と宮城県で震度6強の激しい揺れを観測する地震があった。

福島・相馬市の常磐自動車道では、相馬インターチェンジから新地インターチェンジ間の下りで土砂崩れが発生した。

この区間は通行止めになっていたため、この土砂崩れに巻き込まれた車はなく、けが人はいないという。

また、宮城・塩釜市庚塚(かのえづか)では、火災が発生しているということだが、けが人の有無などはわかっていない。

大崎市内では、自宅でタンスが倒れ、20代の女性がけがをしたという。

また、南三陸町によると、断水が発生しているという。

(FNNプライムオンライン2月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース