14日午前9時に関係閣僚会議 菅首相「人命第一」を指示


13日午後11時8分ごろ、福島県と宮城県で震度6強の激しい揺れを観測する地震があった。

政府は14日、関係閣僚会議を開いて、対応について協議する。


菅首相「津波の心配はありません。さらに原子力関係でも全て異常な報告についてはありません、全て正常ということであります」、「人命第一に、今後ともしっかりと対応していきたいと思います」、「余震に備えていただきたい」

地震の発生を受け、菅首相は関係府省庁に対し、人命第一で対応することなどを指示し、13日午後11時半前には、首相官邸に入った。

政府は、首相官邸の危機管理センターに官邸対策室を設置し、内閣府の調査チームを福島県に派遣したほか、自衛隊が航空機などで情報収集にあたっている。

政府は、14日午前9時に関係閣僚会議を開いて情報の共有を図り、今後の対応を協議する。

(FNNプライムオンライン2月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース