政府が関係閣僚会議 菅首相「1週間は注意を」


政府は、今回の地震を受けて、関係閣僚会議を開き、菅首相が2次災害を警戒し、災害対応に万全を期すよう指示した。

菅首相は、「現時点、亡くなった方はいないと報告を受けている。(余震・土砂災害などの)2次災害への警戒を継続するとともに、国民の皆さんへの的確な情報提供、災害応急対策に万全を期してほしい」と述べた。

会議で菅首相は、「政府は、人命第一の方針のもと、初動対処に全力であたっている」と強調し、被災地の住民に対し、「今後1週間ほどは、最大震度6強程度の地震に注意してほしい」と呼びかけた。

一方、加藤官房長官は「福島県知事から給水支援に関して、自衛隊の災害派遣要請があり、現在、準備を進めている」と明らかにした。

(FNNプライムオンライン2月14日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース