大荒れ天気も 土砂災害警戒 福島・宮城など


15日は低気圧が急速に発達し、東海から北海道にかけて雨や風が強くなるとみられる。

爆弾低気圧となるおそれがあり、夕方には、13日の地震の被災地でも大荒れの天気となるもよう。

午前9時ごろの神奈川・小田原市の映像では、既に風が強まっている様子が見てとれる。

この時間は、東海や関東付近で土砂降りになっているところもあるほか、沿岸部を中心に風が強まっている。

このあと、活発な雨雲が北上し、雨と風が強まる見込み。

夕方ごろには、大きな地震のあった福島や宮城など、東北の太平洋側で激しい雨や雷雨になるとみられる。

気象庁は、地震の揺れが大きかった地域では地盤が緩んでいる可能性があり、少しの雨でも土砂災害につながるおそれがあるとして、危険な場所には近づかないよう呼びかけている。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース