断水続く 小中学校は休校 宮城・山元町


13日の地震によるけが人は、これまでに福島県で81人、宮城県で52人など、全国で152人確認されている。

宮城県の山元町では、15日午前10時の時点で、町内の全世帯の5分の1にあたるおよそ900戸で断水が続いている。

町が15日朝、町内3カ所に設置した給水所には、住民たちが次々に訪れていた。

住民「顔も洗ってないから、お湯を沸かして使おうと思います」、「お皿にラップをしたり、できるだけ洗い物を少なくしました。(東日本大震災の)10年前の経験が生きています」

断水の影響で、15日は山元町の全ての小中学校が臨時休校となった。

復旧作業は続いていて、町によると、15日の夕方ごろまでに町内全ての地域で断水は解消される見通し。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース