GDP 10月~12月期増 通年は減 GoTo受け

経済・ビジネス


2020年10月~12月までのGDP(国内総生産)は、GoToキャンペーンの後押しで2期連続のプラスとなる一方、2020年の1年間では、リーマンショックの翌年以来のマイナス成長だった。

内閣府が発表した2020年10月~12月のGDP速報値は、物価変動の影響を除いた実質で、前の3カ月と比べてプラス3.0%、このペースが1年間続いた場合の年率換算でプラス12.7%となり、2期連続のプラス成長だった。

GoToキャンペーンの効果で、個人消費がプラス2.2%となったほか、輸出も中国向けの自動車などが増え、プラス11.1%となった。

一方、2020年の1年間のGDPの伸び率は、実質でマイナス4.8%で、リーマンショック翌年の2009年以来のマイナス成長となった。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース