ミャンマー市街地に装甲車 軍がデモ鎮圧へ?

国際


クーデターに反発する大規模デモが続くミャンマーでは、14日夜から国軍がヤンゴンなどで兵士の展開を始めた。

ミャンマーでは連日、数十万人規模のデモが全土で行われ、警察が治安の維持にあたっている。

こうした中、国軍は14日夜から、警備の名目で、最大都市ヤンゴンなどで初めて装甲車などを市街地に展開した。

また、15日未明からは再びインターネットが全土で遮断されたが、さきほど復旧した。

今後は、警察に代わって軍がデモの鎮圧に乗り出すのではないかとの懸念が広がっている。

15日は、軍に軟禁されているアウン・サン・スー・チー氏の勾留期限で、国軍側の対応が注目される。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース