【速報】“震度6強”福島・新地町は... 被災地に大雨・暴風


急速に発達した低気圧の影響で、13日の地震で大きな被害があった福島や宮城など、東北の太平洋側で激しい雨となっている。

震度6強を観測した福島・新地町から、中継でお伝えする。

15日午後4時50分ごろの新地町では、強く打ちつけるような激しい雨が降り始めた。

風も出てきて、横殴りの雨に変わっており、雨具を着ていても、全身がすぐにぬれてしまうような状況。

新地町は、午前9時すぎから雨が降り始め、1日を通し、いったん弱まったかと思うと、またすぐ強く降り出すような状態が続いている。

屋根の瓦が落ちてしまった家がたくさんあり、ブルーシートをかぶせて応急的に雨をしのいでいる状態となっている。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース