百貨店の売り上げ減 宣言解除に期待の声

経済・ビジネス


緊急事態宣言の延長などを受け、百貨店の売り上げの落ち込みが続いている。

大手百貨店3社の発表によると、14日までの2月の売り上げが、前の年の同じ時期に比べて、大丸松坂屋は14%減ったほか、三越伊勢丹は9.2%減、高島屋は10.4%の減少だった。

緊急事態宣言が延長され、引き続き外出を控える動きが広がっていることや、営業時間の短縮を継続していることなどが要因としている。

関係者からは、「緊急事態宣言が解除になれば、もう少し回復するかもしれない」と期待する声も聞かれた。

(FNNプライムオンライン2月15日掲載。元記事はこちら

https://www.fnn.jp/

[© Fuji News Network, Inc. All rights reserved.]

FNNニュース